生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史_公式サイト

ありのままで自分らしく生きるためのヒントは発達障害者にありました。発達障害&高次脳機能障害者 × 就労移行支援コーディネーター × 家族会主宰。「その絶望は勘違い」、「その生きづらさ、手放せます」を世界に放つ「生きづらさ解放プレゼンター」です。【大阪】

【5/18】やりたくないことを「やめる」方法〜生きづらい誰もが自分らしく生きるために〜

calendar

スポンサーリンク

<広告>

どんなセミナー?

「嫌いなこと」や「苦手なこと」。

例えば……

◎辛過ぎる仕事
◎改善の見込みがない夫婦・恋人関係
◎いわゆる毒親との生活
◎疲れ切るだけで悦びのない人付き合い……など。

これら「やりたくないこと」を一般常識、人間関係、責任感や罪悪感などに縛られることなく、やめられる自分になれます。

そうすることで、「やりたいこと」を思い切りやる、自分らしい人生に向かって歩き出せるセミナーです。
(過剰適応のあまり「やりたくないこと」でクタクタになっている発達障害者の方にもおすすめです。)


生きづらさから脱出し、自分らしさを活かして心穏やかに生きていく♡
発達障害の有無に限らず、誰もが幸せを味わえる人生ですね(^^)

しかし、嫌いなことや苦手なこと、つまり「やりたくないこと」をやっていては、このような人生を歩むのは不可能です(>_<)

時間を、お金を、エネルギーを、「やりたくないこと」につぎ込む……。
そんなことで余裕を失っていては、「やりたいこと」が心に湧き上がったり、行動に移したりは出来ません。

……とはいえ、「やりたくないこと」を「やめる」といえば、

退職・転職、離婚・別離、実家を出る、嫌な付き合いの場(例:親戚、PTA、町内会、サークル)からの離脱……など。

どれも一筋縄ではいきません(><)

そして、これらを「やめる」うえでは「一般常識」、「血縁・地縁・職縁」、「ご恩」、「責任感」、「罪悪感」、「義理」といった しがらみ が邪魔をしてきます(汗)

つまり、「人間関係」というやつですね!

「絶対に逃げられない」という気持ちになって、自分らしい人生を諦めている方も多いかと思います。

でも大丈夫☆!(*^_^*)!☆

このやっかいな縛りから抜け出して、やりたくないことを “ちゃんと” 「やめる」ことができるんです!(^_^)V

発達障害者だけど幸せに暮らせているケースを基にした、「生きづらい誰もが自分らしく生きるための5ステップ」

発達障害の有無に関わらず、万人にマッチする実践法です☆

このセミナーでは、5ステップその②「やめる」……から、
わかりやすくて具体的なやり方をご紹介します。

人生の主導権を “他人” や “社会” から奪還する。

そうして、ありのままの人生を歩むため、「やめる」方法をレクチャーしますo(^▽^)o

講師

成瀬敦史(なるせあつし)
◎発達障害(ADHD)、高次脳機能障害 当事者
◎就労移行支援コーディネーター(発達障害専門)
◎発達障害者の家族・支援者会ペガサスムーン主催
プロフィールは文末を参照

日時

2019年5月18日(土)
13時30分〜15時30分

会場

「宙の種Chitta∞」(自宅サロン)
(大阪府堺市南区)
※最寄り駅の栂・美木多駅(泉北高速鉄道線)から徒歩約20分(車、または駅からタクシーが便利です。)
詳細な場所はお申し込み時にご連絡します。
※駐車場はChitta∞に2台、すぐそばに5台あります。

参加費

4,500円
LINE@からのお申込みなら3,500円)
※当日、現金でお支払いください。

申し込みについて

申し込み方法

下記①②③のいずれかにて お申込みください。

LINE@から(4,500→3,500円に割引き)

申込みフォームから

facebookページで参加ボタンを押す。

 

定員

定員8名(先着順)

持ち物

◎筆記用具

◎飲み物の持ち込み可(ゴミはお持ち帰りください。)

◎撮影・録音用の機械について
スマートフォン(マナーモードで使用)、カメラ、ICレコーダーの持ち込みOKです。
(1)ホワイトボードの撮影と画像のSNS等投稿はすべてOKです。
(2)録音・動画は個人目的に限ってOKです。(質疑応答部分は除く。ネット掲載は不可。)
(3)講師を撮影した画像はすべて、SNS等への投稿OKです。
(4)他参加者やセミナー進行に支障が無いようご注意ください。

セミナー留意事項

このセミナーで知り得た他参加者の個人情報は他言禁止とします。
②講師がスタッフ従事している就労移行支援事業所の業務内容・提供事項や方針等とは一切関係ありません。
③医療行為、宗教行為ではありません。
④特定の思想信条を特別に支持・批判するものではありません。
⑤効果には個人差があり、実践結果について保証するものではありません。
その他の留意事項はこちらをご覧ください。

講師プロフィール

成瀬 敦史(なるせ あつし)

関西大学 社会学部 産業心理学専攻を卒業。
八尾市教育委員会事務局で知的障害児を含む小・中学生の教育指導、PTA・人権啓発などのイベント企画・実施を担うなど、22年間を公務員として働く中で発達障害・高次脳機能障害が発覚。
その後、不登校・引きこもり者保護者のセミナー講師・グループカウンセリング。
メンタルヘルスケア研修講師、路上カウンセラー活動。

21年前の交通事故(開頭手術2回)で脳にダメージを受けて高次脳機能障害者に。
(精神障害者保健福祉手帳2級)
この影響で生まれつきの発達障害(ADHD)傾向が顕在化。
16年間を障害に気づけず過ごす中で、人間関係や仕事への不適応に苦しみ、協議離婚まで経験。

しかし再婚をきっかけに、41歳から自分らしい人生への“生き直し”を決意。
脳神経リハビリ、各種の心理学、脳科学、メンタルトレーニング、様々な身体アプローチ(原始反射統合セッションなど)を「人体実験」のごとく次々と実践。

それまでの生き辛さは、苦難と絶望から脳が錯乱し、“うっかり自殺”未遂まで引き起こしてしまったほど。
しかし、「人体実験」効果によって苦しみを乗り越え、努力がついに結実。
リラックスした“生きる悦び”あふれる人生を手にする。

現在、特性凸凹と共存しながら幸せに暮らす発達障害者の生き方をモデルにしながら、生きづらい誰もが自分らしく生きるための講師活動を行っている。
同時に、発達障害者専門の就労移行支援コーディネーターとして、感情が整うエクササイズ講座、コミュニケーション訓練の各種ワーク、面談(コーチング&カウンセリング)を担当。
発達障害者の家族・支援者会「ペガサスムーン」を主催。
発達支援コーチ(初級認定:一般社団法人ここからだ)

詳細プロフィールはこちら


人気ブログランキング参加中

クリックにて応援お願い致します。  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ 
  

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

講師プロフィール

成瀬 敦史(生きづらさ解放プレゼンター)

成瀬 敦史(生きづらさ解放プレゼンター)

ありのままで幸せに生きるためのヒントは発達障害者にありました。発達障害&高次脳機能障害者 × 就労移行支援コーディネーター × 家族会主宰。「その生きづらさ、手放せます」 [詳細]