生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史_公式サイト

誰もが “ありのまま” で自分らしく生きるためのヒント。それは発達障害にありました。 仕事、子育て、家庭、人間関係、発達障害などでお悩みの方へ。「その生きづらさ、手放せます」をわかりやすく楽しくプレゼンします。【大阪】

成瀬敦史(なるせ あつし)プロフィール

calendar

発達障害・高次脳機能障害の発覚〜生きづらさと苦悩の日々〜

41歳からの人生「生き直し」〜人体実験〜

あるがままの自分で再出発

現在の活動〜セミナー講師「生きづらさ解放プレゼンター」など〜


大阪府堺市南区在住。
(生まれは岡山市。教師と心理カウンセラーの次男。)

両親曰く、「口から生まれてきた」と言わしめるほどの多弁。
所構わずしゃべり続け、多弁を止められると体調を崩すほど。

関西大学 社会学部 産業心理学専攻で各種の基礎心理学と消費・広告心理学を学んで卒業。
(学生時代を思い返せば、「周囲が見えなくなる」等のADHD特性あり。)

大阪府八尾市の職員として教育委員会事務局に在籍し、知的障害児を含む小・中学生の教育指導、PTA・人権啓発などのイベント企画・実施を担う。
その他、ウェブサイト運用等 IT、戸籍事務、水道事業の各部門を22年間務めて退職。


スポンサーリンク

<広告>

発達障害・高次脳機能障害の発覚〜生きづらさと苦悩の日々〜

1997年、交通事故(開頭手術2回)で脳にダメージを受けて、障害認識のないまま高次脳機能障害者に。

この影響で生まれつきの発達障害(ADHD)傾向が顕在化するとともに、シビア過ぎる性格へと変容してしまった。
(精神障害者保健福祉手帳2級)


16年間を障害に気づけず過ごす中で、人間関係や仕事への不適応に苦しむ。
10数年間に及んだうつ病。
強迫性障害、過敏性腸症候群、アルコール依存。
ついには、ふたりの子ども達と離れての協議離婚まで経験。

41歳からの人生「生き直し」〜人体実験〜

しかし、再婚をきっかけに、自分らしい人生への“生き直し”を決意。

認知行動療法からNLPまで各種の新旧心理学、脳科学、スポーツ心理学等のメンタルトレーニング、アレクサンダー・テクニーク等の身体理論、アクセスバーズ(R)、原始反射統合セッション(一社ここからだ)、九星気学等の占術からスピリチュアル方面まで、様々なアプローチを学び、「人体実験」のごとく次々と実践。

障害による苦難と絶望は、脳が錯乱して“うっかり自殺”未遂まで引き起こしてしまうほどだった。
※酒を飲んでもいないのに、深夜の赤信号交差点(下記)に突入。自動車との接触を危うく免れる。

しかし、「人体実験」効果によって苦しみを乗り越え、努力がついに結実。
投薬・通院、アルコール依存をすべて脱出。
リラックスした“生きる悦び”にあふれる人生を手にする。

“あるがままの自分” で再出発

「嫌いかつ苦手」な同時処理事務を避け、「好きかつ得意」で生きていくことを決意。
障害特性の「しゃべり過ぎ」を活かし、理解障害を逆手に取ったわかりやすさで、誰もが自分らしく生きられるセミナー講師活動を開始。

NPOコミュニティ総合カウンセリング協会にて、不登校・ひきこもり者(発達障害者を含む)の保護者に向けたセミナーとグループカウンセリング「親子のココロ教室」(2017年度)を担当。

一般社団法人Utori Sports Communityにてメンタルヘルスケア研修の講師を務める。

夜の商店街で路上カウンセラー(アドバイザー)活動。

発達支援コーチの初級認定資格を取得(一般社団法人ここからだ)

現在の活動〜セミナー講師など〜

<セミナー講師(生きづらさ解放プレゼンター)>

「発達障害者が凸凹特性を活かして幸せに暮らせるようになった成功事例をモデルケースにしながら、すべての人々が自分らしく生きられる社会を目指して講師活動を行う。

「障害当事者×健常者×支援者」のトリプル視点から見出した、「生きづらい誰もが実践できる自分らしい人生への5ステップ」
この5ステップをベースに、発達障害をはじめとする様々な生きづらさが楽になるお話を提供している。

セミナー、研修、登壇

動画配信(「YouTube3分間 生きづらさ相談室」やセミナー動画)

<就労移行支援コーディネーター>

発達障害者に特化した就労移行支援事業所にて、発達支援コーチングを活用した「身体を変えて心が整う」講座、コミュニケーション訓練のグループワーク&フィールドワーク、面談(コーチング&カウンセリング)を担当。
日々、常時約20名の利用者に就活サポートを行い、就職を実現する利用者が生まれている。

(画像はイメージです。)

<家族会ペガサスムーン主催(ボランティア)※2019年9月の第19回にて終了>

家族・支援者の月例自助会「ペガサスムーン」を主催。(2019年9月の第19回にて終了)

参加者の悩み・相談を引き出すと共に、必要に応じて各種の情報提供・アドバイスを行うファシリテーション。
新規参加者が増え続け、大学生の卒論取材も受ける。

家族・プライベート

発達支援コーチ理学療法士、ナカメ式足指バンド認定装着士兼養成教師 にしてHSP(感覚過敏)の妻さとみん、2歳の息子(発達障害疑い)、小型犬2匹と共に、「協力し合って、やりたくないことはしない、やりたいことをやる」リラックス生活を送る。
前妻との子どもふたりとも、家族ぐるみで良好な関係に。

自宅はイベントスペース「宙の種Chitta∞」
ペガサスムーンの開催を始め、ここに来れば「きもちが楽になる」空間。

趣味はエレキギター(ジャズ・ブルース等)、適度なお酒(ウイスキー&日本酒)とグルメ、絵本の読み聞かせ、アニメ・マンガ。
家族や友人たちからの通り名は“あっちゃん”。


【講義実績&経験・資格はこちら】


発達障害(ADHD)・高次脳機能障害の概要についてはこちら】

人気ブログランキング参加中

クリックにて応援お願い致します。  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ 
  

この記事をシェアする

講師プロフィール

成瀬 敦史(生きづらさ解放プレゼンター)

成瀬 敦史(生きづらさ解放プレゼンター)

ありのままで幸せに生きるためのヒントは発達障害者にありました。発達障害&高次脳機能障害者 × 就労移行支援コーディネーター × 発達支援コーチ 「その生きづらさ、手放せます」 [詳細]