発達障害でも大丈夫~生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史~

発達障害の子どもが自分らしく生きるために、お母さんが出来ることをお伝えしています。発達障害(ADHD)&高次脳機能障害の当事者で、発達障害者専門の就労支援コーディネーターです【大阪】

成瀬敦史プロフィール

calendar

reload

発達障害(ADHD)と高次脳機能障害の当事者。
※精神障害者保健福祉手帳2級

1972年に岡山市で生まれ、大阪府堺市南区に在住。
関西大学 社会学部 産業心理学専攻を卒業。
自治体職員として2017年までの22年間、教育委員会などで青少年指導やPTA運営などに携わると共に、200本以上のプレゼンを行う。

幼少期から「しゃべり過ぎ」や「空気が読めない」といった特性を家族や学校から指摘され続ける等、発達障害(ADHD)の特性がかなり強く見られた。

また1997年には、赤信号を無視してきた車に轢かれる交通事故に遭う。
頭部の開頭手術2回(頭蓋骨骨折、硬膜外血腫、脳挫傷)、右足骨折、左鼓膜破裂など、1ヶ月の入院を含む全治3ヶ月の重症から生還。
(後に高次脳機能障害の後遺症が残っていることがわかるが、この時は気付けず。)


20年あまり社会不適応とうつ病・強迫性障害に苦しみ、過敏性腸症候群、アルコール依存にも陥る。
嫌われまくり、昇進できない、離婚の末に、生きづらさの原因が発達障害(ADHD) &高次脳機能障害(交通事故)にあったことが判明。

41歳からの生き直しを決意し、心理学、脳神経科学、解剖学などのアプローチを「人体実験」。
一度は絶望から意識が錯乱し自殺を図ったものの、諦めなかった結果、ついに自分らしく生きるリラックス人生を掴む。

(株)エンカレッジに転職して発達障害者の就職活動コーディネーターを務めながら、フリーランスの講師・コーチ「生きづらさ解放プレゼンター」として活動。

誰もが自分らしさを活かしながら支え合える未来を切り拓くため、
そのカギとなる「発達障害者の家族」をサポートするセミナー、ブログ、SNS、動画配信等を展開している。


家族は、「チャクラ整(ととのえ)師・あなたらしさナビゲーター」、理学療法士の妻さとみん、4歳の息子、小型犬。
自宅サロン「宙の種Chitta∞」で暮らす。

離れて暮らす前妻との子ども(ふたり)とも家族ぐるみで交流がある。

趣味はエレキギター(ジャズ、ブルース、ファンク、ロック等)、お酒(ウイスキー&日本酒)とグルメ、アニメ・マンガ。
家族や友人たちからの通り名は“あっちゃん”。


【講義実績&経験・資格はこちら】


公式LINE、各種SNSYouTubeはこちら


発達障害(ADHD)・高次脳機能障害の概要についてはこちら】


 

この記事をシェアする

プロフィール

成瀬 敦史

成瀬 敦史

「生きづらさのカラクリ」と「自分らしい人生の実践法」をお伝えする “生きづらさ解放プレゼンター” 。発達障害&高次脳機能障害の当事者、発達障害者専門の就労移行支援スタッフ(株式会社エンカレッジ)、発達支援コーチなどの視点から、具体的でわかりやすくお話しします。 [詳細]

folder ●【終了】家族・支援者自助会(ペガサスムーン)

オンラインでも各地で家族会が行われています【コロナ疲れお母さん応援】
more...