発達障害でも大丈夫~生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史~

発達障害の子どもが自分らしく生きるために、お母さんが出来ることをお伝えしています。発達障害(ADHD)&高次脳機能障害の当事者で、発達障害者専門の就労支援コーディネーターです【大阪】

「人混みをかき分けながら小走り」で発達障害、高次脳機能障害の症状を改善☆

calendar

reload

発達障害(主にADHD)にしろ高次脳機能障害にしろ、多く見られる困りごとに、たとえば以下のような症状があります。

〇物をしょっちゅう亡くす。
〇忘れ物が多い。
〇片づけられない。
〇優先順位がつけられない。
〇手当たり次第に取りかかって失敗する。
〇同時処理が苦手(事務作業しながら電話を取る等)
〇約束をすっぽかしてしまう。
〇電車を乗り過ごしてしまう。

これらが起こる原因のひとつに、「ワーキングメモリが弱い」というのが有ります。

「ワーキングメモリ」とは、人間が日常的にいろんな作業をするうえで、細々したことを一時的に記憶しておく脳の領域です。(パソコンで言えば“キャッシュメモリ”)

雑多な作業をするためには、机が広い方が有利ですよね。その机の面積がワーキングメモリの能力というか容量と考えてください。狭いと当然シンドいわけです。

…んで、こいつが弱いと、ちょっとのことですぐにアップアップしてしまいます。
なので、結果的に上記のような症状が出ちゃうんですね(^◇^;)

ワーキングメモリを鍛えるにはスポーツがイイんですが、なかなかやる機会が無いヒトも多いでしょう。(僕もそうです。)
そこでおすすめなのが…。

人混みをかき分けながら小走り

コレをやると、以下のことを脳が同時に処理します。

〇人にぶつからないようにする。
〇路面の凸凹や変化に注意して、つまづかないようにする。
〇目指す方向に進む。
〇荷物を落とさないように持っておく。
〇のどが渇いたり、汗をかいたりしたらどうするかを判断して実行する。(水を飲むか否か?/コートのファスナーを開けるか否か?)

僕も、ひとりで歩く際にちょっとばかし時間があれば、コレをやるようにしています。
今日は大阪の繁華街、心斎橋商店街を小走りしました☆
軽くイイ感じで脳に負荷がかけられた感触があります(^^)

忙しい方にこそオススメです。
障害の有無に関わらず、脳トレ、脳強化したい方もぜひ!
安全に気をつけて、気楽にやってみてくださいね(^^)/☆

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

成瀬 敦史

成瀬 敦史

「生きづらさのカラクリ」と「自分らしい人生の実践法」をお伝えする “生きづらさ解放プレゼンター” 。発達障害&高次脳機能障害の当事者、発達障害者専門の就労移行支援スタッフ(株式会社エンカレッジ)、発達支援コーチなどの視点から、具体的でわかりやすくお話しします。 [詳細]

folder ●【終了】家族・支援者自助会(ペガサスムーン)

オンラインでも各地で家族会が行われています【コロナ疲れお母さん応援】
more...