きもちが楽になりました〜その生きづらさ、手放せます〜成瀬敦史

「発達障害者 × 健常者 × 支援者」のトリプル視点。生きづらい誰もが実践できる自分らしい人生への5ステップ①ととのえる②やめる③えらぶ④のばす⑤おぎなう【大阪】

買い物で発達障害を改善、高次脳機能障害のリハビリ☆

calendar

今日は家族でコストコに買い物に行ってきました☆
たくさんのお客さんをかき分けて動く こういうお店での買い物は、グレーゾーン障害における発達障害の改善、高次脳機能障害のリハビリにとてもいいんですよ(^^)

日常生活の「同時処理」において、脳や神経や筋肉・骨に適度な負荷をかけるのが、効果が出やすいんです。
「訓練のための訓練」だと、その訓練は上手くなるんだけど、応用が効かなくて、日常生活が楽になるうえでは不具合があります。
買い物はホントおすすめです。

脳に「同時に」、「異質の」負荷がかけられるので、シンドいけど高い効果が出るんです。
僕の場合は、以下を同時に行うようがんばることで成果を出しています。

〇人にぶつからないようにカートを押しながら。

〇子どもの安全を確保したり、言葉を交わしながら。

〇妻からの問いかけ、例えば「この服、似合うかな?」、「コレと家にある同じ物、どっちがいい?」、「こんなの欲しい?」、「こんなの持ってたっけ?」などに応える。

〇自分の買いたい物を思いつき、主張する。

妻からの問いかけに反応できなくてケンカになることもしばしばですが(^_^;)
ちゃんと家族に協力を求め、打ち合わせしてやれば、継続的に続けられます。

当事者の方へ。

仕事などにおいてフッと我に返った時、「あっ!?私、頭や身体の動きが良くなってる!?」、「難しかったことが出来るようになってる!?」と気づくことになると思います。

ぜひ、やってみてください(^^)/☆

人気ブログランキング参加中

クリックにて応援お願い致します。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ 
  

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

成瀬 敦史(なるせ あつし)

社会不適応・うつ病・ 離婚のどん底からリラックス人生に生き直せた、ADHD・高次脳機能障害者です。
発達障害者の就労移行支援事業所スタッフ。
家族・支援者の自助会ペガサスムーンを主催。
障害の有無に関わらず、すべての人々が各々の「特性」を活かしながら、自分らしい人生を歩んでいく。そのために大切なことをお伝えしていきます。【大阪】 [詳細]