発達障害でも大丈夫~生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史~

発達障害の子どもが自分らしく生きるために、お母さんが出来ることをお伝えしています。発達障害(ADHD)&高次脳機能障害の当事者で、発達障害者専門の就労支援コーディネーターです【大阪】

発達障害者を取り巻く環境は確実に良くなっています☆

calendar

reload

就労移行支援事業所、明日からいよいよ正式にパート社員になります☆

今日も現場では、僕がこれまで苦しんできたことに対応する素晴らしいプログラム、そして、利用者さんと同じ目線でがんばり、笑い、受容し、悩み葛藤するスタッフがいました。
明日から正式に僕もスタッフの一員になれると思うと、胸が震えます(^-^)

今日もひとり、就職を決められた利用者さんがスタッフや他の利用者さんから温かく見送られながら、笑顔で会社を去りました(^^)/〜☆
職場定着までのフォローも行っているので、困ったことがあればいつでも相談に来て頂けます。
また、OB・OGとして就労を目指す現役の利用者さんに励ましやアドバイスをして頂くことができます。

発達障害者の就労が社会問題となっている中、明るい希望材料も着々と社会に生まれていることが感じられました☆

最近のニュースからひとつ☆
職場で発達障害者と上司のコミュニケーションエラーを軽減するこんなツールも出てきました。

“見えない障害”心身の波を「見える化」 大阪府の対話シート、精神障害者雇用の4月義務化を前に注目
https://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/180127/mca1801271426015-s1.htm

私の会社のサービスやこんなツールがもっと早くにあったら、僕のこれまでの人生はずっと楽だったなぁ…と感慨深く思います。
まぁ、僕は自分の障害に気づくまで16年間もかかりましたが、それでも素晴らしい希望の星に感じます(^^)

もちろんパッシヴな意見もあって然りです。
「でも、だいだいの状況はシンドくて、社会は生き辛く、冷たいままやで!」という見方を否定はしません。
「新しいツールや制度が上手くいくとは限らないでしょ!?」というのも、その通りと思います。

でも、それでも、当事者の僕の気持ちは明るくなりました(*^_^*)
「今と未来はそんなに悪くないよ(^^)/☆」と伝えていきたいと思います☆

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

成瀬 敦史

成瀬 敦史

「生きづらさのカラクリ」と「自分らしい人生の実践法」をお伝えする “生きづらさ解放プレゼンター” 。発達障害&高次脳機能障害の当事者、発達障害者専門の就労移行支援スタッフ(株式会社エンカレッジ)、発達支援コーチなどの視点から、具体的でわかりやすくお話しします。 [詳細]

folder ●【終了】家族・支援者自助会(ペガサスムーン)

オンラインでも各地で家族会が行われています【コロナ疲れお母さん応援】
more...