発達障害でも大丈夫~生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史~

思春期凸凹っ子のママが元気を取り戻せるお話。 発達障害&高次脳機能障害の当事者(手帳2級)、 発達障害者の就労支援コーディネーターです。発達障害者が快適な社会は「生き方のユニバーサルデザイン」☆

みーんな、「そんな風に」生きればイイ☆〜放っときましょうw〜【2019/08/13のTwitterまとめ】

calendar

reload

「“生きづらさ”なんて、みんなあるんですよ!」

「誰だって発達障害っぽいところ、ありますよ!」

よく、こんなふうに言われます。
ひとつの正解だと思います(^^)

だから、みーんな☆

①苦手、嫌いなことを素直に認めて他者に頼る
(馬鹿にする人は 放っといてイイです)

◎好きかつ得意なことで、自分と社会に貢献する
(それをひがんでくる人は放っといてイイです)

◎やりたいことに夢中で取り組むうえで邪魔になってくる生きづらさについてのみ、自分を「発達」させる
(「ありのままの否定だ!」という人は放っといてイイです)

障害があるとか無いとか関係なく、
みんな、こーしてイイと思うんですよ(^_-)-☆

僕自身はもちろんのこと、
生きづらさがあっても充実しながら生きてる人は、
障害の有無に関わらず、みんなそうしてるので☆

ついでに、

「みんなシンドい思いをして生きていくのが、この社会なんですよ!」

「人生は、苦しみを耐え抜いて社会に尽くす “修行” なんです!」

……っていう人も放っといてイイです。

「自分らしさ」から目を背け、
社会を勝手に「冷たい」と決めつけて、失意と敵意に浸る。
そういうの、もう止めたかったら、足を洗えるんですよ(^_-)-☆

「じゃあ、具体的にどうしたらえぇねん!出来るわけないやろ!」って方が、山ほどいると思います。
……っていうか、ゴロゴロ目にします(^_^;)

楽になりたい方に向けて、
「生きづらさ解放プレゼン」、ガンガンやっていきますよ(^^)/☆

※今日もスタバで仕事。
仕事や勉強などにがんばっている人達で賑わっているため、励みになります☆

※許可を頂いて撮影しました。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ●子どもの発達が気になるお母さんへ

【11/25〜27】3夜連続!無料☆思春期凸凹っ子ママのZOOMお話し会
more...

folder ●自分らしく生きる5ステップ

【10/24土】親子参加もOK!生きやすさが育つエクササイズ体験
more...

folder ●【終了】家族・支援者自助会(ペガサスムーン)

オンラインでも各地で家族会が行われています【コロナ疲れお母さん応援】
more...