生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史_公式サイト

誰もが “ありのまま” で自分らしく生きるためのヒント。それは発達障害にありました。 仕事、子育て、家庭、人間関係、発達障害などでお悩みの方へ。「その生きづらさ、手放せます」をわかりやすく楽しくプレゼンします。【大阪】

「好きなことしかしない」日々(≧∀≦)@玉野市「みのりhouse」

calendar

11/2〜4の2泊3日で、岡山県玉野市の民泊「みのりhouse」に家族で泊まりました☆

今回で2回目。
友だちや「友だちの友だち」が集まって、ステキな企画をしたんです(^^)

自然いっぱいだけど不便じゃない絶好のロケーション。
平屋建ての古民家がめちゃ過ごしやすい☆
オーナーは、料理がチョー美味いドジっ子癒し系のゆみちゃん♪

ココで、こんな(↓)天国なルールと考え方のもと、遊びきりました!

好きなことを、好きな時にする。
苦手なこと、嫌なことはしない。


自分の苦手な(嫌な)ことは、誰かの得意な(好きな)こと。

僕がこれから人生をかけてお伝えしていく、発達障害から手掛かりを得た「誰もが自分らしく生きられる5ステップ」
①ととのえる、②やめる、③えらぶ、④のばす、⑤おぎなう

この中に、「嫌なことからちゃんと逃げる」、「好きなことをやる」というのがあります。
その内容をバッチリ実践する日々となりました。

≪「5ステップとは何か?」については、ただいま解説ページを作成中です。しばしお待ちください。≫

何をやったか列記すると……


■食べたい物を食べ。
(ゆみちゃん手作りのチョー美味い醤油糀がたくさん。焼きたてパンや野菜達もサイコー!)

■飲みたいときに飲み(笑)
(本当に菌が生きてるビール「大山Gビール“ヴァイツェン”」を朝からWw)

■夜の浜辺で焚き火とBBQしながら、ディジュリドゥを吹く。
(火起こしは妻さとみんWw)

■いーくー(天野郁子さん)の「つむじを真ん中に戻すセッション」を受けて、首と腰の歪みを直してもらい。
(髪の毛のガスール泥パック付き)

この「つむじを真ん中に戻すセッション」は、原始反射統合セッション、発達する眼鏡、ナカメ式足指バンドと合わせると、生き辛さを楽にするのに最強なんです♡

僕、恐いくらい首が曲がってたんですね(汗)
見事に治って驚き!
腰も捻れてたのが治りました。

僕はこのセッションは2回目なんですが、1回目をやる前はもっと酷く捻れてたんだそうです。
交通事故(21年前)の時に頭で車のフロントガラスを割り、飛ばされてコンクリートブロックにぶつかった衝撃は酷く残ってたんですね(滝汗)

「身体が歪めば、脳が歪む。脳が歪めば、心が歪む。」
逆に言えば、身体がまっすぐになれば心も整うのは当然ですね☆

■妻さとみんは原始反射統合セッションと糸掛曼荼羅WSを行い、

■息子は子どもたちと遊びまくって新たな発達を見せ、

■自分だけで、iPhoneで写真を撮って!

コレ(↓)、息子が撮ってくれました!

■僕の実家に行って、膝の痛みを訴えるオカンに妻さとみんがナカメ式足指バンドをつけ、

■親父の地域活動現場にも顔を出し、

■妻さとみんが、テキ屋さん顔負けのテクニックで、まんまるカリッカリの激ウマたこ焼きを焼きまくり(笑)

■玉野市の人気かき氷店「おまち堂」で食べ、

めくるめくような、魂の洗われる2泊3日でした。

「やりたくないことをやめる」、そうすれば魂が起きて「やりたいこと」が心に沸いてくる、実行できるようになります。
そして、自分の「得意・苦手と好き・嫌い」と他人のそれとは、見事なまでに一致しない(笑)、互いに助け合えるものなんですよねー(^^)
宇宙というものはホントに上手いことできています。

ありのままの自分を、他でもない自分自身が素直に受け入れれば、誰も自己犠牲しなくて済む。
みんなが幸せになれる♡
そんな大切なことを基本から改めて思い出せた、最高の休日でした(*^_^*)

人気ブログランキング参加中

クリックにて応援お願い致します。  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ 
  

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

講師プロフィール

成瀬 敦史(生きづらさ解放プレゼンター)

成瀬 敦史(生きづらさ解放プレゼンター)

ありのままで幸せに生きるためのヒントは発達障害者にありました。発達障害&高次脳機能障害者 × 就労移行支援コーディネーター × 発達支援コーチ 「その生きづらさ、手放せます」 [詳細]