きもちが楽になりました〜その生きづらさ、手放せます〜成瀬敦史

「発達障害者 × 健常者 × 支援者」のトリプル視点。生きづらい誰もが実践できる自分らしい人生への5ステップ①ととのえる②やめる③えらぶ④のばす⑤おぎなう【大阪】

気づけたー!僕が思いを伝えたい人たちは……。伝えたいことは……。

calendar

最近、自分のことが書けない、どーしたらいいんやー……と悩んでたわけですが……(汗)

宙から振ってきました!(≧∀≦)!
自分の思いを「誰に伝えたいか?」が……!

そして「伝えたいこと」の整理ができました!

 


 

まず「僕の伝えたいこと」……それは、

障害当事者も、家族や周囲の人も、
発達障害と向き合うことがきっかけとなって、
「あるがままの自分」で生きていけるようになる。

そこに至るまでの順番は・・・

①障害当事者、そして家族や周囲の人々ひとりひとりが「自分の特性」を理解し、
「ありのままの自分」を受け入れてあげる。
(障害当事者だけじゃないのがポイント。)

②過ごしたい「人」と過ごし、 
 過ごしたい「場所」で過ごす。
「嫌いで苦手なこと」を避け、
「好きで得意なこと」をやると決意する。
つまり「環境調整」。
(これには「嫌われる勇気」と「幸せになる覚悟」を身につけることが必要です。)

③そのうえで、「自分の幸せにとって邪魔になっている特性」を「発達」させるために「アレコレ」やる!

※「アレコレ」ってのは、心理学的セルフケア、メンタルトレーニング、原始反射の統合による「発達」、脳科学によるトレーニング、九星氣学や陰陽五行論等の自然統計学、果てはスピリチュアル的なものまで、です。

ここに至るために必要で、ぜひともお伝えしたい「発達障害への正しい理解」とは・・・

「発達障害」は、正しくは「発達アンバランス」、「発達凸凹過剰症候群」または「一部未発達症候群」なんです。
「障害」って言い方、ホントおかしい(怒)!

そして、「凸凹をどう扱うか」が重要。

たとえ「凹」があると診断されても、自分の選んだ人生に不要なら、無理に向上させる必要はありません。
ほっといてイイです!

「凸」は思う存分に伸ばしましょう!
出る杭を打とうとする人に合わせる必要はありません。

そして、「自らの幸せ」のために邪魔になる「凹」、つまり「未発達の部分」があるなら、いくつになっても「発達」(成長)させていくことができるんです。
脳・神経・反射・魂の可能性は無限大!

伝えるうえでベースになる「僕の財産」は、

自分自身がADHD・高次脳機能障害でどん底を味わい、そこから人生をやり直してリラックス生活を掴んだ経験。

②発達障害者に特化した就労移行支援事業所でのスタッフ経験

家族、支援者の自助会ペガサスムーン(さかいハッタツ友の会)の主催による経験

発達支援コーチ、理学療法士にして感覚過敏(HSP)である妻さとみんからの学び

⑤フリースクールNPOにおける不登校・ひきこもり者(発達障害者を含む)の保護者へのセミナー、カウンセリング経験。

ここまではわかってたんです……!

(まぁ、今回こーやって、ようやく整理できたわけですけど……)

……で、コレを「伝えたい相手は誰なのか?」

ココに悩んでました!

今のところ「ハッタツさんとの過ごし方」とタイトルにしているとおり、これまでは、
(当事者ではなく)家族や周囲の人々に向けていました…………本当にそれでいいのか?
モヤモヤし続けてきました。

ワンコ達にも冷ややかにツッコまれていたようですが……💦

だって悩むんだもん!(^_^;)

ぼくが思いを伝えたい相手は……

当事者?

家族?

職場や学校の人たち?

支援者?

これを……僕は……。

ちゃんと決めなくちゃ……!!

そう思って苦しんでました……。

でも……

でも……

今日、気づきました……!(≧∀≦)

無理に決めなくて良かった!(爆)

障害があろうがなかろうが、
当事者だろうが、それ以外の人だろうが、

「みんな」に伝えたらイイんや!

だって、僕が目指す社会は……

障害がある人もそうでないヒトも、
まず自分を大切にできる。
そして、互いにリスペクトし合える社会なんだから!

「誰に伝えるべきか」で悩んでた僕……

ダッセーっ!!(笑)

……というわけで、ブログタイトルやプロフィールをこれから書き直していきます!
やっとスッキリ書いていけそうです😊
あー良かった……❤

人気ブログランキング参加中

クリックにて応援お願い致します。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ 
  

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

成瀬 敦史(なるせ あつし)

社会不適応・うつ病・ 離婚のどん底からリラックス人生に生き直せた、ADHD・高次脳機能障害者です。
発達障害者の就労移行支援事業所スタッフ。
家族・支援者の自助会ペガサスムーンを主催。
障害の有無に関わらず、すべての人々が各々の「特性」を活かしながら、自分らしい人生を歩んでいく。そのために大切なことをお伝えしていきます。【大阪】 [詳細]