発達障害でも大丈夫~生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史~

発達障害のお子さんが自分らしく生きるために、お母さんが出来ることをお伝えしています。発達障害&高次脳機能障害の当事者で、発達障害者専門の就労支援コーディネーターです【大阪】

方法はね……あるんです(^^)あとは「やるか、やらないか。」

calendar

reload

【Twitterを再編集しました。】

  • 発達障害の当事者にも周囲の人にも効く「で、ほんとはどうしたいの?」、by 岡田哲也さん。
  • コレを地味に、地道にやってみましょう☆きっとイイことあるから(*^_^*)僕が人生が変えるうえでホントに役立った、そして今も、これからもコツコツ取り組む万能メソッドです。時代の変遷も関係なく通用します。
  • 見えなかったモノが見えてくる、気づかなかったことに気づけるようになる、心と身体と宇宙の仕組みがわかる。幸せになるための様々な手法の総決算がドリップ抽出されたものです。しかも小学校高学年くらいならわかる明快さ。「コレさえしっかりやっとけば充分」っていうくらいの勢いで、いつもオススメしてます。
  • 【Amazon:で、ほんとはどうしたいの?】https://t.co/EY4XOFgOmk#Amazon->
  • 無論、どんな良い手法も、メソッドも、本も、セミナーも、カウンセラーも触れるだけでは何も変わりません。「やるか、やらないか?」です。地味な取り組みを地道にコツコツ続けることが必要。そして、その方法は「在ります」。たとえばこの本ね♪でも、読むだけじゃダメ。やらないと。
  • とにかく、読むだけで、聴くだけで、会うだけで「変われる」なんてのは嘘よ。そういう触れ込みが世の中にはたくさん見受けられますが、だまされちゃダメー。(コレは著者の岡田さんもブログ等で常にアピールしていることです?) ->
  • 僕は、「で、ほんとはどうしたいの?」をはじめ、脳リハビリや心理学的アプローチ、社会適応訓練、反射の統合、東洋医学、エネルギーワークやスピ的手法に至るまで、様々な手法を自分の人生で「人体実験」することで、ドンドン変わって来れています。しかし……むやみやたらに取り組んだため、効率が悪すぎました。その道のりは時に辛くて、過労による脳の誤作動から「うっかり自殺未遂」を起こしたほど(汗)
  • でも、だからこそ、今の僕ならシンプルに伝えられます(^^)僕のように回り道やシンドい思いをしなくても変われる取り組み方をお話しできます☆
    セミナーをバリバリと開催できるのはもう少し先になるため、まずはブログでお伝えしていきますね☆お楽しみに! ->

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

成瀬 敦史

成瀬 敦史

「生きづらさのカラクリ」と「自分らしい人生の実践法」をお伝えする “生きづらさ解放プレゼンター” 。発達障害&高次脳機能障害の当事者、発達障害者専門の就労移行支援スタッフ(株式会社エンカレッジ)、発達支援コーチなどの視点から、具体的でわかりやすくお話しします。 [詳細]

folder ●【終了】家族・支援者自助会(ペガサスムーン)

オンラインでも各地で家族会が行われています【コロナ疲れお母さん応援】
more...