発達障害でも大丈夫!~生きづらさ解放プレゼンターあっちゃん(成瀬敦史)~

思春期のお子さんに発達障害がある お母さんの不安を希望に!発達障害&高次脳機能障害の当事者、かつ就労支援者、かつ発達支援コーチです。「発達障害は生き方のユニバーサルデザイン」☆

【全国書店で発売中】月刊ゆほびか12月号にインタビューが掲載されました。

calendar

reload

発達障害や高次脳機能障害の生きづらさを引き起こす「過緊張」と「浅い呼吸」。

そこに効果的にアプローチできるのが、
理学療法士/ピラティス インストラクターの 乾 亮介さん(リハティスプラス)がコリや痛み、誤飲性肺炎防止として提唱される「うつぶせ1分」だったのです☆

自ら1ヶ月間試してみたところ、
過緊張が緩み、呼吸が深くなる効果を確信したという体験談について、マキノ出版様から電話インタビューを受けました。

うつぶせで寝ると、
身体から緊張が減り、
深い呼吸で心が整います。
すると、生きづらさがとても楽になります。

発達障害 の生きづらさについては、
「心」と「がんばる」にばかりアプローチして上手くいかず、
さらに自己否定に走ってしまうケースがほとんど。

身体は心の「入れ物」。
入れ物が歪んでいたり、ひび割れていては、心が整うわけがありません。
がんばれるはずもないんです。

そんな中、あまりにもシンプルで、効果が高い「うつぶせ1分」を世に打ち出した 乾亮介さん。
障害当事者としても、講師・支援者としても感謝しかありません。

本来の目的であるコリや痛みの解消、誤嚥性肺炎の防止以外にも、大きな可能性を秘めています。
脳の誤作動を緩和してくれる「うつぶせ1分」は、自殺の防止にすら繋がるでしょう。

うつ病、強迫性障害、パニック障害、適応障害、双極性障害(躁うつ病)で苦しむ方にも、自信を持っておすすめします。


【Amazon】月刊ゆほびか2019年12月号(マキノ出版)

 

【Amazon】乾亮介さん著書「うつぶせ1分で健康になる」

【成瀬敦史ブログ】
「うつぶせ1分」(乾亮介さん)は発達障害の過緊張と不眠に効果があります☆


 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ●子どもの発達が気になるお母さんへ

発達障害っ子ママ応援ラジオを始めました✨「ながら聴き」機能あり!
more...

folder ●自分らしく生きる5ステップ

発達障害は「改善」します☆なぜなら……♪
more...

folder ●成瀬について

2021年謹賀新年(今年の予定を公開♪)
more...

folder ●【終了】家族・支援者自助会(ペガサスムーン)

オンラインでも各地で家族会が行われています【コロナ疲れお母さん応援】
more...