きもちが楽になりました@成瀬敦史 公式サイト

生きづらい誰もが自分らしい人生を歩めるようになるお話。発達障害当事者 × 就労移行支援コーディネーター × 家族・支援者会主催の経験から、本音満載、わかりやすくて楽しいスタイルでお伝えしています。【大阪】

【3/23実施レポ】生きづらい誰もが自分らしく生きるための5ステップ(追加開催分)

calendar

ずいぶん遅くなっちゃいましたが、3/23セミナー「生きづらい誰もが自分らしく生きるための5ステップ」(追加開催分)の実施レポートです。
(セミナー概要はこちら)


2/23にセミナー「生きづらい誰もが自分らしく生きるための5ステップ」を実施し、「5ステップ」の概要をお示ししたところです。

この「5ステップ」について、僕は書籍化・出版を目指しています。
そのためには、これからひとりでもたくさんの方に「5ステップ」を知っていただく必要があります。
生きづらい人をひとりでも減らすために・・・!

「生きづらい誰もが自分らしく生きるための5ステップ」の概要はこちら

2/23セミナーの内容について追加開催リクエストを頂いたこともあって、今回(3/23)、追加開催させて頂くこととなりました。

会場は我が家(自宅サロン)「宙の種Chitta∞」。
家族会ペガサスムーンを毎月開催したり、妻さとみんがいつもセッションを行ったりしていますが、僕の単独セミナーは初開催となりました。


まずは生きづらさの原因となる「普通」という概念について。

その発生、繁栄、衰退、正体。
そして、これからは「普通」に従うのではなく、たくさんの「普通」を選択できる時代であることをお話ししました。

この日は当事者の方が多かったため、発達障害とは何かという点について、ホントの話をしっかりお伝えしました。

そこから「自分らしく生きる5ステップ」の①「ととのえる」。

心と身体と魂(本音)についての解説。

白砂糖や食品添加物の話。

②「やめる」

やりたくないことをやめないと、自分らしい人生を歩めないというお話。

そのためには、相手だけでなく、まず自分を大切にする話し方が必要であること。

③えらぶ

人、環境、仕事を、自分が快適に過ごせるよう「環境調整」、「環境選択」すること。

④のばす

キャリアコンサルティング理論で同じみの「好きか嫌いか」と「得意か苦手か」で自分の適性を分析する手法。

四柱推命やGATB(ガトブ:職業適性検査)、物理学者の柊木匠さんが開発して妻さとみんもセッションに取り入れている声紋分析のお話もしました。

最後の⑤「おぎなう」まで解説しました。

発達支援コーチングやブレインジムによって、生きづらさの原因である原始反射の残存を改善していくお話。


これから、5ステップの中身について、がんがんセミナーをやっていきますので、ご期待ください!

参加者アンケートより

※ネット公開の承認を頂いた回答のみ掲載しています。

◎わかりやすくて内容が盛りだくさんだった。
◎話の組み立てがとてもよく考えられていて、無駄がなく、わかりやすかった。テンポもとても心地よかった。
◎質問にとても的確に応えてもらえた。自分の生き方や仕事に役立った。
◎「自分らしく生きるための5ステップ」を実践してみようと思った。
◎(自己肯定感の低下を引き起こす)化学物質の情報がとても良かった。
◎わかりやすくて、あっという間に時間が過ぎていった。
◎「5ステップ」が書籍化されたら、ぜひ買って読んでみたい。

人気ブログランキング参加中

クリックにて応援お願い致します。  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ 
  

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

講師プロフィール

成瀬 敦史(なるせ あつし)

成瀬 敦史(なるせ あつし)

発達障害者(ADHD)・高次脳機能障害者。就労移行支援コーディネーターを務めながら、講師として活動。家族会ペガサスムーン主催。生きづらい誰もが自分らしい人生へと歩めるお話をしています。 [詳細]