きもちが楽になりました☆発達障害が導く凸凹発揮人生/成瀬敦史

「発達障害者 × 健常者 × 支援者」のトリプル視点から紡ぎ出された、誰もが自分らしく生きられる5ステップ①ととのえる②やめる③えらぶ④のばす⑤おぎなう/その生き辛さ、手放しませんか?【大阪】

身体面から発達障害を改善する栗本啓司さんの講座に参加します☆

calendar

明日は、栗本啓司さんの「春に向けてのコンディショニング講座@大阪」に参加します!

午前は、発達障害児向けに親子で取り組めるコンディショニング(遊びや体操)。

午後は座学「身体からみる感覚過敏~内臓の未発達と過敏性~」です。

この講座、僕が知ってる限りで既に2回行われました。しかし、その2回とも息子が熱を出したりとかでトラブって参加できませんでした。(>_<)
今回、ようやく、やっと参加できます!☆

発達障害児、特に自閉症スペクトラムの子どもが想定されていますが、必ず大人の発達障害者にも応用が利きます。

発達障害者の症状緩和といえば、投薬や精神面からのアプローチばかりが知られています。しかし、反射統合ワークがものすごい効果を発揮するように、身体面からのアプローチも有効です。
今回の講座はその典型が学べるはずです。

ガッツリ勉強してきます!(^^)/☆

人気ブログランキング参加中

クリックにて応援お願い致します。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ 
 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

成瀬 敦史(なるせ あつし)

社会不適応・うつ病・ 離婚のどん底からリラックス人生に生き直せた、ADHD・高次脳機能障害者です。
発達障害者の就労移行支援事業所スタッフ。
家族・支援者の自助会ペガサスムーンを主催。
障害の有無に関わらず、すべての人々が各々の「特性」を活かしながら、自分らしい人生を歩んでいく。そのために大切なことをお伝えしていきます。【大阪】 [詳細]