きもちが楽になりました☆発達障害が導く凸凹発揮人生/成瀬敦史

「発達障害者 × 健常者 × 支援者」のトリプル視点から紡ぎ出された、誰もが自分らしく生きられる5ステップ①ととのえる②やめる③えらぶ④のばす⑤おぎなう/その生き辛さ、手放しませんか?【大阪】

発達障害の探求は「人生を賭けた」最高の「遊び」☆

calendar

2017/04/07Twitterを再編集しました。>

誤解を恐れずに言えば、
僕にとって「発達障害の探求は最高の“遊び”」です。ただし、「人生を賭けた」壮大な……。

発達障害の講師を目指すために公務員を辞め、抱く感情はワクワクと解放感。

昼間はハッタツさんの職業訓練スタッフとして働き、日々利用者さんの成長から受ける感動に魂が震え…☆

帰宅すれば発達支援コーチの妻とハッタツ談義。

休日は自宅サロンで家族・支援者向けの自助会を主催して、ワイワイと語り合い☆

ハッタツ関係のセミナーに参加したり。

通勤電車内ではこのブログの記事を書いたり、ハッタツ関係の本やネットを読んだり。

24時間ハッタツ三昧☆
ほんと、「好きなこと」に夢中になってる日々です(^^)
「努力」とか「義務」とか「ノルマ」なんて概念は皆無で、しかもノーストレス(笑)

風呂の中では、気がつけばひとりで声を出して発達セミナーの練習。

自分自身のADHD・高次脳機能障害とも日々向き合いリハビリをアレコレ。

好きなアニメは「とある科学の超電磁砲」など脳・神経がらみ。

寝る時、心に浮かぶフレーズは「あぁ今日も良く遊んだ♡」

サイコーでしょ?♡

「発達障害で苦しんでいる人がたくさんいるのに“遊び”だなんて!」、「深刻な社会問題なのに不謹慎!」とおっしゃる方はいるでしょう。
実際にそう言われたこともありました。
でも、僕のような感覚や考えがあってもイイと思ってます(^^)

だって、ハッタツさんの苦しみ、悲しみ、自己否定感などに日々触れ、魂をかけて向き合い、寄り添いながらも、なお本気で「(人生を賭けた)遊び」だと思うからです。
そして自分自身の障害の影響によって、仕事や前の結婚生活の失敗に地獄を見てもなお、そう思うんだから☆


そして、こんな捉え方からこそ拓けるポジティヴな生活や未来が必ずあると信じています(^_-)-☆

そんなわけで、僕のセミナーやブログにはポジティヴな波動が乗ってます。
このブログのURL(ドメイン名)だって「alive2joy」、つまり「生きる悦び」ですし(^^)v

そりゃー、僕だって自分の障害は今でもイヤです。
めんどくさいし、周囲に申し訳ないし、苦しいですよ。
でも、だからといってソレを楽しめないかというと、そーじゃない。
マンガを読みまくろうとネットカフェにこもっても、気がつけばハッタツのことをやっているんだから間違いない(笑)

この「遊び」が生み出す人生の「悦び」が、発達障害にかかる「ヤな感じ」のムードを払っていきます。
だって、発達障害は「人間の可能性の拡大」と思えて仕方ないから(^^)

僕の思いや学びを、大好きな「プレゼン」という手法でセミナーしていく。
そうすることで、発達障害者との暮らしに悩む方々が「生きる悦び」に目覚め、障害当事者と周囲の人びとが理解し合って、暮らしやすくなるためのサポートをします☆

「仕事か遊びかわからなくなるくらい夢中で取り組んでたら、社会が良くなって、気がついたらたくさん稼げて、さらに事業を拡大できた。」……そんな講師・カウンセラーになろうと思っています(^_^)V

人気ブログランキング参加中

クリックにて応援お願い致します。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ 
 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

成瀬 敦史(なるせ あつし)

社会不適応・うつ病・ 離婚のどん底からリラックス人生に生き直せた、ADHD・高次脳機能障害者です。
発達障害者の就労移行支援事業所スタッフ。
家族・支援者の自助会ペガサスムーンを主催。
障害の有無に関わらず、すべての人々が各々の「特性」を活かしながら、自分らしい人生を歩んでいく。そのために大切なことをお伝えしていきます。【大阪】 [詳細]