きもちが楽になりました〜その生きづらさ、手放せます〜成瀬敦史

「発達障害者 × 健常者 × 支援者」のトリプル視点。生きづらい誰もが実践できる自分らしい人生への5ステップ①ととのえる②やめる③えらぶ④のばす⑤おぎなう【大阪】

「私」にさらなる厚みを!就労移行支援事業所で現場経験を強化☆

calendar

本日より、発達障害者に特化した就労移行支援事業所で働き始めました。
1月中は週2回、2月から正式なパート社員になり平日フルタイムで勤務します。

大学を卒業したが就労できていない方を対象に、職業訓練、カウンセリング・コーチング的な面談、講師等を担当します。
個人事業(セミナー講師/コーチ)と並行して、この会社で働いていく形です。
(会社からは個人事業との並行について温かい理解と協力を頂けており、会社の柔軟性と懐の広さには驚くばかりです。)

この会社で働こうとした目的はふたつです。

①発達障害者を支援する事業所現場で働くことで、「私」に厚みを持たせて、さらに充実したセミナーとコーチングを提供できるようになりたかった。
②個人では難しかった就労支援に従事することで、より幅広い発達障害支援を行なっていきたかった。

①について。私は、仕事というものはかなりの分野において「現場経験が命」と考えています。どんな高額なセミナーで学んでも、いくら本を読んでも、ネットでウェブや動画を見ても、それが自分の充分な血肉となってクライアント様の胸に響くという点では限界があります。喜びも苦労も自分で汗をかいて手に入れるリアル現場に勝るものはありません。発達障害についての現場経験をもっともっと重ねて、更なる説得力にあふれたセミナーとコーチングを行なっていきたいと熱望し、機会を求めてきました。

②について。私は起業を志した当初、働くことをテーマにしたカウンセラーかコーチを目指していて、「働きやすい自分づくり」というテーマを掲げていました。様々な学び、葛藤、気づきの末に現在のスタンスを取るようになりましたが、やはり「仕事」や「就労」というものに関わる形で発達障害者と定型発達者の共存を支援する仕事に強い希望を持ち続けていました。その希望を諦めることなく、なんとか関われないかと思ってきたのです。

私の想像以上に素晴らしい環境の会社に出会うことができ、個人事業と事業所勤務の両立を高いレベルで実現できることになりました。

利用者様の就労への努力を支え、就職と就労継続という夢を叶えるお手伝いを全力で行なっていきたいと思います。そして、個人のセミナー・コーチングにおいて、ひとりでも多くの方に「なるほど!さすが!納得!安心!」と思っていただけるよう精進していきたいと思います。

人気ブログランキング参加中

クリックにて応援お願い致します。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ 
  

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

成瀬 敦史(なるせ あつし)

社会不適応・うつ病・ 離婚のどん底からリラックス人生に生き直せた、ADHD・高次脳機能障害者です。
発達障害者の就労移行支援事業所スタッフ。
家族・支援者の自助会ペガサスムーンを主催。
障害の有無に関わらず、すべての人々が各々の「特性」を活かしながら、自分らしい人生を歩んでいく。そのために大切なことをお伝えしていきます。【大阪】 [詳細]