発達障害でも大丈夫~生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史~

発達障害の子どもが自分らしく生きるために、お母さんが出来ることをお伝えしています。発達障害(ADHD)&高次脳機能障害の当事者で、発達障害者専門の就労支援コーディネーターです【大阪】

平成最後の日の気づき①②③@2019/04/30のTwitterまとめ

calendar

reload

平成最後の日の気づき①

「不公平」すなわち「粗末に扱われている」ではない。


平成最後の日の気づき②

傾聴の基本である「受容」(相手の話を、どんな話でも、まずは否定せずに受け止める)は、家族にも当然適用する。


平成最後の日の気づき③

真の「自分軸」を身に付ければ、聴く才能が無くても、相手の話を聴けるようになる。
耳で聞くのではなく、魂(直感)で聴くこと。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

成瀬 敦史

成瀬 敦史

「生きづらさのカラクリ」と「自分らしい人生の実践法」をお伝えする “生きづらさ解放プレゼンター” 。発達障害&高次脳機能障害の当事者、発達障害者専門の就労移行支援スタッフ(株式会社エンカレッジ)、発達支援コーチなどの視点から、具体的でわかりやすくお話しします。 [詳細]

folder ●【終了】家族・支援者自助会(ペガサスムーン)

オンラインでも各地で家族会が行われています【コロナ疲れお母さん応援】
more...