生きづらさ解放プレゼンターあっちゃん(成瀬敦史)公式サイト

思春期凸凹さんママの不安が希望に!発達障害の当事者、かつ就労支援者、かつ発達支援コーチです。<Amebaブログ、SNS(facebook等)、YouTube、Webラジオでは、凸凹さん子育てに役立つお話をご提供しています>

根治療法と対症療法的スキル、両方あるからこその嬉しさ☆

calendar

最近、「やっぱり」って感覚で確信することが多いこと。

それは……。

不安や怒り、イライラ、焦りなどの悩みを楽にしようと思ったら……。

ズバリ!

身体から根本的に変えて、その現象が出にくくすること。

そして、シンドくなったその場をしのぐ対症療法。

この両方が必要。


メンタルコントロールのテクニック(NLP心理学やESRなど)は、対症療法的側面が強いと思います。

でも、しんどい「その場」が楽になるのは素晴らしいこと。

「対症療法」っていうとイメージ悪く聞こえるかもだけど、そういうテクニックも決して まやかしや無駄じゃない。


根治、例えば 原始反射統合セッション って、やっぱり大切。

そしてこういった方法は じっくりやっていくもの。(速効の部分の効果もスゴいけどね♪)

だから、楽になるまでのシンドさを緩和して、心身が楽になる対症療法的テクニックはとってもありがたい。

(根治するまでに倒れたら意味ないですしね。)


どっちかへの偏りすぎはダメだなぁ。

そんなことを今日も実感することがあったんです。

原始反射統合セッションは本当にスゴい。

でも、感動のあまりソレのコトばっかり考えてると、かえってその魅力を見逃しがちになる。

勘違いからのミスを犯しそうになる。

利用者さんに気づかせて頂けること、ホントに多い(^^)

ありがたい日々です。

今日も一日お疲れさま☆


<凸凹さん子育てに役立つお話をご提供しています>


(チャンネル登録よろしくお願いします)

 ◎ RadioTalk
(ながら聴きラジオ)


 ◎ Twitter


公式LINE
(講座の割引や先行案内などがあります)   


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ●子どもの発達が気になるお母さんへ

興味深いご感想【アメブロシェア】”久しぶりのお話会に参加。”
more...

folder ●自分らしく生きる5ステップ

発達障害は「改善」します☆なぜなら……♪
more...

folder ●成瀬について

2021年謹賀新年(今年の予定を公開♪)
more...

folder ●【終了】家族・支援者自助会(ペガサスムーン)

オンラインでも各地で家族会が行われています【コロナ疲れお母さん応援】
more...