生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史_公式サイト

ありのままで自分らしく生きるためのヒントは発達障害者にありました。発達障害&高次脳機能障害者 × 就労移行支援コーディネーター × 家族会主宰。「その絶望は勘違い」、「その生きづらさ、手放せます」を世界に叫ぶ「生きづらさ解放プレゼンター」です。【大阪】

根治療法と対症療法的スキル、両方あるからこその嬉しさ☆

calendar

最近、「やっぱり」って感覚で確信することが多いこと。

それは……。

不安や怒り、イライラ、焦りなどの悩みを楽にしようと思ったら……。

ズバリ!

身体から根本的に変えて、その現象が出にくくすること。

そして、シンドくなったその場をしのぐ対症療法。

この両方が必要。


メンタルコントロールのテクニック(NLP心理学やESRなど)は、対症療法的側面が強いと思います。

でも、しんどい「その場」が楽になるのは素晴らしいこと。

「対症療法」っていうとイメージ悪く聞こえるかもだけど、そういうテクニックも決して まやかしや無駄じゃない。


根治、例えば 原始反射統合セッション って、やっぱり大切。

そしてこういった方法は じっくりやっていくもの。(速効の部分の効果もスゴいけどね♪)

だから、楽になるまでのシンドさを緩和して、心身が楽になる対症療法的テクニックはとってもありがたい。

(根治するまでに倒れたら意味ないですしね。)


どっちかへの偏りすぎはダメだなぁ。

そんなことを今日も実感することがあったんです。

原始反射統合セッションは本当にスゴい。

でも、感動のあまりソレのコトばっかり考えてると、かえってその魅力を見逃しがちになる。

勘違いからのミスを犯しそうになる。

利用者さんに気づかせて頂けること、ホントに多い(^^)

ありがたい日々です。

今日も一日お疲れさま☆

人気ブログランキング参加中

クリックにて応援お願い致します。  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ 
  

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

講師プロフィール

成瀬 敦史(生きづらさ解放プレゼンター)

成瀬 敦史(生きづらさ解放プレゼンター)

発達障害者(ADHD)・高次脳機能障害者。就労移行支援コーディネーターを務めながら、講師として活動。家族会ペガサスムーン主催。生きづらい誰もが自分らしい人生へと歩めるお話をしています。 [詳細]