きもちが楽になりました〜その生きづらさ、手放せます〜成瀬敦史

「発達障害者 × 健常者 × 支援者」のトリプル視点。生きづらい誰もが実践できる自分らしい人生への5ステップ①ととのえる②やめる③えらぶ④のばす⑤おぎなう【大阪】

「発達を促す取り組みや考え方」も取り入れて、「きもちが楽」な人生へとナビゲートします☆

calendar

「発達障害」とは、読んで字のごとく「脳・神経や反射機能の発達に障害があることから、能力・特性に大きな偏りが現れた。」状態です。

そして、すべての人間は脳と神経と反射機能によって生きています。
これらが発達することで人間として成長していくわけです。

なので、

  • お医者さんから発達障害の診断を受けていようが、いまいが。
  • 障害者手帳の対象になろうが、なるまいが。
  • 子どもだろうが、大人だろうが。

すべての人に大なり小なり関わりがあることなんですね☆

ですから、例えば……

  • 勉強が出来るようになる方法。
  • スポーツができるようになる方法。
  • コミュニケーションが上手になる方法
  • 発達障害や学習障害の症状を楽にする方法。
  • 高次脳機能障害者のリハビリ方法。

これらって、実はどれもだいたい一緒なんですよ(^^)
だって、人間が「発達する」(成長する)ことで、これらのことが実現するわけですからね(^_-)-☆

障害の有無に関わらず、多くの方々から関心が高い事柄とも言えますよね。
誰しも勉強やスポーツができたらいいな〜と思うし、コミュニケーションは得意な方が楽しいし、苦労が少ないでしょ?

つまり、「発達」について学ぶ、実践することは、
発達障害者はもちろんのこと、
その家族や職場の方などの支援者・周囲の人にとってもメッチャ重要!……というわけなんです。


おもしろいモノをひとつお見せしましょう。

僕の妻さとみんは発達支援コーチ(初級)です。
発達支援コーチとは、わかりやすく言えば、
「発達障害の子ども、そして大人、定型発達者(健常者)に至るまで、反射の発達を促して“生きることを楽にする”ための指導を行う」コーチです。
一般社団法人ここからだ

彼女は今、上級資格を取るために3日間連続の講習会に参加しているんですが……。
その彼女から送られてきた、この写真を見てください。

バランスボールに乗ってる!

もう1枚。

立ってる!
(両手もボールも壁には触れていませんよー)

うそーー!
((((;゚Д゚)))))))

こんなこと、彼女は今まで出来なかったのに!
っていうか、ピエロでも無い限り、フツーの人はできない動きなのに・・・。

しかも、驚くべきことですが、この後、ふたりでバランスボールに乗りながらキャッチボールをしたそうです!

詳しい説明は省きますが、反射というのは日常の「遊び」行動によって発達が促されます。
(強い意識づけや苦労を要される「トレーニング」ではなく。)
彼女は今回の講習会で、バランスボールに立てるほどのバランス感覚が身につく「遊び」行動を習いました。
その「遊び」をすぐさま実践したところ、この「乗る・立つ・キャッチボール」が可能になったわけです。

さとみんが元から運動神経がイイことも、
彼女には発達障害が無いことも関係ありませんよ。
これまで出来なかったことが出来るようになった……という事実が重要なんです。
人間の発達(成長)に子どもも大人も、また発達障害の有無も関係ないのです☆

発達障害者には、バランス感覚が悪いため様々な場面で不要なエネルギーをたくさん使ってしまい、疲れやすかったり、集中できなかったり、コミュニケーションに支障が出る方が多いのです。
また、例えばスポーツ選手においては、バランス感覚が非常に重要であることは簡単にわかりますよね。

反射について学ぶこと、そして発達を促すことは、発達障害の有無に関わらず如何に重要か。
ちょっと感じて頂けたんじゃないでしょうか(^_-)-☆


僕は、発達障害と関わるひとりでも多くの方々が「きもちが楽」になれるセミナーとカウンセリングをご提供していきます。

発達障害を持つお子さん、配偶者(パートナー)、親・義両親、職場の部下・同僚・上司と過ごす方々の中には、様々な苦労を抱えているケースが多い。

そんな方々が、

①まず自分自身を丁寧に扱い、大切にケアできる。

②発達障害への理解を深める。

③「得意・好き」を活かし合い、「苦手・嫌い」を補い合う意識を自らも持ち、実践できるようになる。

これら①②③によって、
障害の有無に囚われず、互いに尊敬し合いながら生きられるようになります。
ソコに待っているのは「きもちが楽」な人生の幕開けです\(^o^)/
そんな人生へのナビゲートを可能にするため、僕は日々自分を磨いています。

そんな僕が持っている特性は以下のとおりです。

①ADHD・高次脳機能障害者としての障害当事者経験。(仕事・社会不適応、離婚、再婚、社会再適応を経験)

②自分自身の人生をやり直せた心理学、脳科学、メンタルトレーニング、リハビリ。

③ADHDの障害特性である「多弁」を活かし、高次脳機能障害の「理解力不足」を逆手に取った、親しみやすく、わかりやすいセミナー講義。

④就労移行支援事業所でスタッフを務めている日々の発達障害者 対応経験、カウンセリング。

家族・支援者の自助会ペガサスムーンを主催するうえでのリアルな体験。

発達障害児も多く見られた不登校・ひきこもり保護者へのグループカウンセリング、セミナー講師ボランティアでの現場経験。

現実とスピリチュアルの中間(例:引き寄せの法則、チャクラ、エネルギーワーク、アクセスバーズ(R)、九星氣学)、がちスピリチュアル(例:アセンション、過去世、バシャール)の知識・実体験

これらに加えて、

⑧発達支援コーチから日々学ぶ「発達を促す取り組みや考え方」

もちろん、僕は有資格者ではありませんから、扱いが許される内容に制限はあります。
しかし、それでも相当に有意義な内容をお伝えできるとワクワクしています☆


単なる知識や机上の空論でなく、
実体験と実践にあふれたセミナーとカウンセリングをご提供していきますよ!
どうぞ、ご期待ください!(^^)/☆

人気ブログランキング参加中

クリックにて応援お願い致します。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ 
  

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

成瀬 敦史(なるせ あつし)

社会不適応・うつ病・ 離婚のどん底からリラックス人生に生き直せた、ADHD・高次脳機能障害者です。
発達障害者の就労移行支援事業所スタッフ。
家族・支援者の自助会ペガサスムーンを主催。
障害の有無に関わらず、すべての人々が各々の「特性」を活かしながら、自分らしい人生を歩んでいく。そのために大切なことをお伝えしていきます。【大阪】 [詳細]