発達障害でも大丈夫~生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史~

思春期凸凹っ子のママが元気を取り戻せるお話。 発達障害&高次脳機能障害の当事者(手帳2級)、 発達障害者の就労支援コーディネーターです。発達障害者が快適な社会は「生き方のユニバーサルデザイン」☆

僕が目指す世界〜みんな発達障害者のように生きよう〜

calendar

reload

<人の目を気にしなくて済む空気>
◎「得意」を憶せず表現して社会に貢献できる。
◎「苦手」を、気軽に「それが得意な人」に頼める。

<やりたいことを気兼ねなくやれる空気>
◎「好き」なことに、子どものように夢中に取り組む。
◎「嫌い」なことは、“やりたくない”と叩かれることなく言える。

でも、これまで自分を犠牲にしながら生きてきたのが、僕たち日本人。

どうすればそんな生き方ができるのか、わかりませんよね。


その生き方のモデルとして「発達障害者」を採用する。
そのために、「発達障害」という“概念”はこの世に現れてきてくれた。

僕はそう考えています☺️

もっと正確に言えば、
「発達障害者が合理的配慮を受け、活き活きと輝いて暮らす姿」ですね。

みんな、互いに合理的配慮をしてあげながら、
「個」として自律しつつ、

まず自分の「ひとり」を大切に出来つつ、
ストレスなく協働できる部分で緩く繋がっていけばイイ。

それはとっても気持ちの良い世界です😊
(現に、僕をはじめ、既にそういう暮らしをしている人は、障害の有無を問わず、けっこう居ます)

社会全体がこの理想にたどり着く行くまでには、まだまだかかります。

まず、重要な前段階として、
お母さんが自分責めと不要ながんばりを手放し、セルフケアから人生をやり直していけるやり方を整理し、広めるのが先決です。
お母さんは「すべての始まり」ですからね😉

焦らず、止まらず、一歩一歩やっていきます。

誤解や非難を恐れず言います。

「みんな発達障害者のように生きよう」

Twitterなど巷でたまに見かける「発達障害者の方が偉い」とか「健常者はダメだ」とか、そういう話ではないんです。
僕の話をストレートに受け取ってくださったなら、このことをおわかり頂けると思います。

「立場」は違えど「優劣」は無い。
障害の有無などに囚われず、人はみな違いをリスペクトし合って生きていけます。

ご理解と応援をよろしくお願いしますm(__)m


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder ●子どもの発達が気になるお母さんへ

【11/25〜27】3夜連続!無料☆思春期凸凹っ子ママのZOOMお話し会
more...

folder ●自分らしく生きる5ステップ

【10/24土】親子参加もOK!生きやすさが育つエクササイズ体験
more...

folder ●【終了】家族・支援者自助会(ペガサスムーン)

オンラインでも各地で家族会が行われています【コロナ疲れお母さん応援】
more...