発達障害でも大丈夫~生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史~

発達障害の子どもが自分らしく生きるために、お母さんが出来ることをお伝えしています。発達障害(ADHD)&高次脳機能障害の当事者で、発達障害者専門の就労支援コーディネーターです【大阪】

5分動画:最強の免疫力をつける3つの暮らし方(ヒントは発達障害)

calendar

reload

YouTube<5分動画:最強の免疫力をつける3つの暮らし方(ヒントは発達障害)>

<以下は補足解説です。読まなくても視聴には支障ありません。>


自分に障害があることを知る前の僕は、いつも病気がちでした。

頭痛、胃痙攣・さしこみ、下痢・便秘、アレルギー性鼻炎、せき、抑うつ、不安・イライラが常にありました。
ポケットはいつも薬でジャラジャラな異常さでした。

でも僕は、「皆 そうなんだから、俺だけ弱音を吐いちゃダメだ」と思っていました。
倒れそうな身体をひきづりながら、自分の特性からは明らかに向いていない仕事に、歯を食い縛りながら立ち向かっていました。

離婚をきっかけに生まれつきの発達障害(ADHD)、
そして今の妻との交際をきっかけに、若い頃の交通事故による後遺症(高次脳機能障害)があることがわかりました。
自分の身体を思うようにコントロールしにくい特性がはっきりしたわけです。

しかし、障害の存在に気づいてすぐに、今の生きづらさ解放アプローチを編み出せたわけではありません。

脳・神経の障害であることから「もう駄目だ」、「逆転不可能」という絶望の闇に堕ちました。
その働きづらさから、ある日の朝、通勤途中の駅でお腹の激痛から気を失って倒れ、救急車で運ばれました。
そして、そのまま22年間勤めた前職を退職することになったのです。

当時の僕を思い返せば、「免疫力が低かった」と思います。

今の僕は、どこに行っても「いつも楽しそう、元気」と言われるようになりました。
体質によるアレルギー性鼻炎や せき(喉が弱い)は有るものの、それらもずいぶんマシになりました。 
インフルエンザとも何年も無縁です。

免疫力が上がったんだなぁ・・・と素直に実感しています。

そこで、新型コロナウイルスの混乱から「免疫力の上げ方」が必要とされていると考え、動画をYouTubeにアップしてみました。

5分動画:最強の免疫力をつける3つの暮らし方(ヒントは発達障害)

最強の免疫力を身につける3つの暮らし方は
①やりたくないことをやめる
②発酵食品で腸を整える
③身体に入る物を無添加に

そして、これらのことは「発達障害」からヒントを得たんです☆

詳しくは動画をご覧ください。
そして、新型コロナウイルスにもビクビクしない身体(免疫力)をゲットしてくださいね(^_−)−☆


【リンク:コロナ疲れお母さん応援コンテンツ】
http://alive2joy.net/category/syougai/mamacare/corona-mom/


 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

成瀬 敦史

成瀬 敦史

「生きづらさのカラクリ」と「自分らしい人生の実践法」をお伝えする “生きづらさ解放プレゼンター” 。発達障害&高次脳機能障害の当事者、発達障害者専門の就労移行支援スタッフ(株式会社エンカレッジ)、発達支援コーチなどの視点から、具体的でわかりやすくお話しします。 [詳細]

folder ●【終了】家族・支援者自助会(ペガサスムーン)

オンラインでも各地で家族会が行われています【コロナ疲れお母さん応援】
more...