生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史_公式サイト

誰もが “ありのまま” で自分らしく生きるためのヒント。それは発達障害にありました。 仕事、子育て、家庭、人間関係、発達障害などでお悩みの方へ。「その生きづらさ、手放せます」をわかりやすく楽しくプレゼンします。【大阪】

【My最適呼称は「ハッタツさん」】2018-03-23の成瀬敦史Twitterまとめ

calendar

  • 毎日の仕事や自助会で当事者に接するたびに、腑に落とすたびに、「発達障害者」の「障害」って言葉に違和感が増すばかり。海外の「発達アンバランス」って言葉の方が、まだシックリくる。さかいハッタツ友の会で使われてる「ハッタツさん」がいちばんシックリくる。 ->
  • そりゃ「障害」っていえば障害ですよ。僕だって「シンドくないか?」って問われれば、そりゃーシンどいですよ。一次意識としては、無い方が良かったと思います。障害者手帳という「弱者救済」サービスには、妥当性も正当性もちゃんとあると思います。でも、障害のおかげで今の人生があるのも確か☆ ->
  • 障害がなければ、もしかしたら「…で、ほんとはどうしたいの?」と自分に問いかけ続けて、自分の純度が上がることはなかったかも。
    自分の「好き・嫌い」、「得手・不得手」に真剣に向き合うこともなかったかも。そーやって生きている今の自分のことを自信を持って「幸せです」と言い切れます。 ->
  • 医学的じゃなく環境的な意味での「障害」ということに目を向ければ、それこそ環境やそこにいる人間によって、暮らしやすさはどーとでもなる。
    現に、僕だって、公務員時代は地獄だった。でも、就労移行支援事業所でスタッフとして働いている今は、障害に悩まされてクタクタになるなんて無い。リラックスなう☆ ->
  • もちろん発達障害者の呼称については議論はあるだろうし、「ハッタツさん」は差別か否かなんて論争もあるかもです。僕はなにせ元教育委員会職員で、人権問題の仕事も深ーくやってましたから、わかります。でも、僕には「発達障害」って言葉にどうしても違和感がある。たとえ重度の方を考慮に入れても。 ->
  • というわけで、個人レベル、個人の活動においては、できるだけ「ハッタツさん」でいこうと思います。無論、すべて「発達障害者」に統一した方がいいんであれば、今の考えに固執はしません。でも、少なくとも今はコレで。「呼称ひとつで何をグダグダと」と思われるかもですが、ココは語りたかったです ->

人気ブログランキング参加中

クリックにて応援お願い致します。  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 生きづらさへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ 
  

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

講師プロフィール

成瀬 敦史(生きづらさ解放プレゼンター)

成瀬 敦史(生きづらさ解放プレゼンター)

ありのままで幸せに生きるためのヒントは発達障害者にありました。発達障害&高次脳機能障害者 × 就労移行支援コーディネーター × 発達支援コーチ 「その生きづらさ、手放せます」 [詳細]