きもちが楽になりました〜ハッタツさんとの過ごし方〜成瀬敦史@大阪

自らのADHD・高次脳機能障害と共存しながら「生きる悦び」を満喫する、発達障害者の就労移行支援事業所スタッフ。大阪府堺市で家族・支援者の自助会を主催。発達障害者と過ごすうえでの悩みに本音でアプローチするセミナー講師・カウンセラーを目指しています。

【My最適呼称は「ハッタツさん」】2018-03-23の成瀬敦史Twitterまとめ

calendar

  • 毎日の仕事や自助会で当事者に接するたびに、腑に落とすたびに、「発達障害者」の「障害」って言葉に違和感が増すばかり。海外の「発達アンバランス」って言葉の方が、まだシックリくる。さかいハッタツ友の会で使われてる「ハッタツさん」がいちばんシックリくる。 ->
  • そりゃ「障害」っていえば障害ですよ。僕だって「シンドくないか?」って問われれば、そりゃーシンどいですよ。一次意識としては、無い方が良かったと思います。障害者手帳という「弱者救済」サービスには、妥当性も正当性もちゃんとあると思います。でも、障害のおかげで今の人生があるのも確か☆ ->
  • 障害がなければ、もしかしたら「…で、ほんとはどうしたいの?」と自分に問いかけ続けて、自分の純度が上がることはなかったかも。
    自分の「好き・嫌い」、「得手・不得手」に真剣に向き合うこともなかったかも。そーやって生きている今の自分のことを自信を持って「幸せです」と言い切れます。 ->
  • 医学的じゃなく環境的な意味での「障害」ということに目を向ければ、それこそ環境やそこにいる人間によって、暮らしやすさはどーとでもなる。
    現に、僕だって、公務員時代は地獄だった。でも、就労移行支援事業所でスタッフとして働いている今は、障害に悩まされてクタクタになるなんて無い。リラックスなう☆ ->
  • もちろん発達障害者の呼称については議論はあるだろうし、「ハッタツさん」は差別か否かなんて論争もあるかもです。僕はなにせ元教育委員会職員で、人権問題の仕事も深ーくやってましたから、わかります。でも、僕には「発達障害」って言葉にどうしても違和感がある。たとえ重度の方を考慮に入れても。 ->
  • というわけで、個人レベル、個人の活動においては、できるだけ「ハッタツさん」でいこうと思います。無論、すべて「発達障害者」に統一した方がいいんであれば、今の考えに固執はしません。でも、少なくとも今はコレで。「呼称ひとつで何をグダグダと」と思われるかもですが、ココは語りたかったです ->

自助会ペガサスムーン
(発達障害者の家族・支援者の会@さかいハッタツ友の会)

次回(第5回)は2018年6月17日(日)18時。
申込み不要の自由参加です。  


LINE@をご登録ください。

セミナー開催のLINE@限定先行配信などを含むブログ更新情報をお知らせします。 

各種SNS

※ブログ等の更新通知やSNS独自記事をお送りします。

人気ブログランキング参加中


クリックにて応援お願い致します。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ にほんブログ村 病気ブログ 高次脳機能障害へ
 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




成瀬 敦史(なるせ あつし)

仕事不適応・うつ病・ 離婚のどん底からリラックス人生に生き直せた、ADHD・高次脳機能障害者です。
コミュニケーションに不具合を抱える発達障害者。
そんなハッタツさんとの過ごし方に悩んでしまう方々の増加が大きな社会問題となっています。
障害を持つお子さんの子育て、就職などへの悩み・不安。
職場の同僚・部下・上司との接し方やチーム運営におけるストレス。
しかし、発達障害とその困りごとを理解し、自分自身のケアを丁寧に行うことで、むしろ「自分らしい人生」の幕が開くのです。
就労移行支援事業所スタッフと家族・支援者自助会主催の経験を含めて、
発達障害者と共に幸せを生きるために大切なことをお伝えしていきます。 [詳細]