発達障害でも大丈夫~生きづらさ解放プレゼンター成瀬敦史~

発達障害のお子さんが自分らしく生きるために、お母さんが出来ることをお伝えしています。発達障害&高次脳機能障害の当事者で、発達障害者専門の就労支援コーディネーターです【大阪】

「正しい内容」を「適切な人」から習い、「正しく行う、伝える」<原始反射統合セッション>

calendar

reload

発達支援コーチ(初級)の講座を受け、いよいよ資格取得の検定にチャレンジします!

実技レポートのためのモニターさんを募集したところ、なんと!
たった3日で満席となりました!
ありがたいです☆

この素早い埋まり様から、原始反射統合セッションへの注目と期待の高さを改めて再確認しました☆

だからこそ!

「正しい内容」を「適切な人」から習い、「正しく行う、伝える」。

コレを絶対におろそかにしてはいけないと肝に命じました。

原始反射統合セッションは、心にも身体にも、既存メソッドが成し得なかった効果を実現します。

そして、画期的なモノが世の中に出現したときには必ず大切にしなければならないこと。
それが「正しく」、「適切に」だと思うんです。
間違った内容で世間に拡まってしまっては、その真価が発揮されないまま、根付くことなく社会から消えてしまうからです。

コレを守るためには幾つかのことをちゃんと考える必要があります。

  • メソッドの上っ面を舐めるだけで本質を見失ってないか……?
  • 自分に注目を集めるためだけの道具にしてしまってないか……?
  • メソッドの内容を自分都合で捻じ曲げていないか?

どれも陥りがちで、しかも「自分が陥っていると自覚しにくい」ことばかり。
気を引き締める必要があります。


これからモニターの皆さんとセッション日程を調整します。

腕利きの発達支援コーチである妻さとみんのセッションをしばしば見学していますが、いよいよ僕も行うんだなぁと思うとドキドキします。

※写真は、発達支援コーチ(妻さとみん)の手技の一例です。(許可を得ての掲載です。)


レポートのための無料モニターとはいえ、クライアントさんの身体と心を触らせていただくわけです。
だから、「正しく」行えるよう準備しようと思います。

そのためには、まずは自分を整えること。
ニュートラルでエゴフリーな自分でお迎えしようと思います(^^)/☆

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

成瀬 敦史

成瀬 敦史

「生きづらさのカラクリ」と「自分らしい人生の実践法」をお伝えする “生きづらさ解放プレゼンター” 。発達障害&高次脳機能障害の当事者、発達障害者専門の就労移行支援スタッフ(株式会社エンカレッジ)、発達支援コーチなどの視点から、具体的でわかりやすくお話しします。 [詳細]

folder ●【終了】家族・支援者自助会(ペガサスムーン)

オンラインでも各地で家族会が行われています【コロナ疲れお母さん応援】
more...