きもちが楽になりました☆発達障害が導く凸凹発揮人生/成瀬敦史

「発達障害者 × 健常者 × 支援者」のトリプル視点から紡ぎ出された、誰もが自分らしく生きられる5ステップ①ととのえる②やめる③えらぶ④のばす⑤おぎなう/その生き辛さ、手放しませんか?【大阪】

【拡散希望】地震から日常まで発達障害者の不安・パニックにはコレ!

calendar

「発達障害者の不安やパニックが楽になる手技」の緊急・簡易版です。
(不完全ですが、一定の効果が出やすい手技を緊急のため投稿しました。後述します。)


今日の大阪北部地震。

僕や家族、大切な人たちは被害に遭いませんでした。

しかし、今まさに、強い不安やパニックに震えている発達障害者やHSP(感覚過敏)の方がたくさんいるだろうと想像しました。

そこで、素人がすぐ出来て、かなり楽になる手技をTwitterに投稿しました。

しかし、完全な説明はできていません。
その説明を含めることが必要であるため、補足を加えたのがこの記事です。
Twitterでも補足済みです。)

……というわけで、下記の通り、「不安やパニックの時、まず何をするべきか」を書きます。

家の中にモノが散乱した状態で、不安やイライラに苦しんでいる方々に有効です。

また・・・・

①平素からの不安・パニックにも有効です。

②発達障害の有無や年齢などに関わらず、すべての人に有効です。

③感覚過敏で触られるのが無理な方に施術する方法もあります。(後述の発達支援コーチしかできないし、教えられません。僕は今は無資格なので書けません。)

解説の前に注意点があります。


【注意その1】

全員に、必ず効果が出るものではありません。
自己責任で行ってください。
(まぁ、このやり方で副作用とかは、ちょっと想像できないですけど。)

また、医療行為ではありません。

「こういう方法もありますよ」というのを広めることで、「ひとりでも楽になれば」という思いからの記事にすぎません。

【注意その2】

この方法は、僕が個人セッションで受けた手技です。
「恐怖麻痺反射」(身体を固める反射)にアプローチして、不安やパニックを楽にする方法です。

繰り返しますが、僕がこのように話せる「一部」、つまり限定的効果が出せるに過ぎません。

それでも、「知らないよりは不安やパニックがずいぶん楽になる」ため、こうやって投稿しています。

詳細を知り、よりしっかり効果を得たい方は、後述するところを当たってください。

僕も正確に説明、施術できるよう、発達支援コーチ(初級)の資格を取ることにしたところです。

では、方法です・・・!


【方法】

今回の地震や日常生活において、何かにパニックを起こしたり不安定になっている人、主に発達障害(自閉症、ASD、ADHDなど )や感覚過敏(HSP)の人がいたら……、

【ポイント①】「胸骨」、それから「左右の鎖骨の下」をさすってあげてください。

【ポイント②】その時、ゆっくり深呼吸(鼻から吸って口から吐く)をするように指示してあげてください。

【ポイント③】さする際には、①強さ(圧力)、②速さ、③さすり幅。
この3点を、本人の心地良いようにしてあげてください。

【ポイント】可能な状況なら、もう片方の手をへその下2センチあたり(丹田)に置いてください。

【ポイント自分ひとりしかいなければ、自分自身にやってください。

これらをやると・・・・

落ち着きます。

医学的原理の説明は省きますね。
僕は説明を受けましたが、僕の立場でどこまで話して良いか判断できないので。


この方法は、ストレスがかかるか否かに関わらず、平素からやっていると、不安や緊張、ストレスに強くなるそうです。

個人差はありますが、僕はコツコツやったいたら、メンタルがずいぶんタフになりました。


学べる先は、代表的には下記です。

一般社団法人ここからだ

主に、お近くの発達支援コーチから個人セッションを受けられます。

全国の発達支援コーチ一覧

妻さとみんも個人セッションをやっています。

あなたらしさナビゲーターさとみん
(発達支援コーチ、ナカメ式足指バンド装着士、理学療法士)


それから、これは僕自身の判断ですが、

「大丈夫、大丈夫、大丈夫」と声かけしてください。

自分がパニクってるなら、自分自身に。

「大丈夫」の理由・根拠は要りません。

この言葉自体が無条件に心拍を安定させるという実験報告が国内外であります。
(出所、忘れましたが……。)


以上、ぜひお試しください。

不安、緊張、パニックに悩む方々がひとりでも、少しでも楽になりますように……。

人気ブログランキング参加中

クリックにて応援お願い致します。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害グレーゾーンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ 
 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

成瀬 敦史(なるせ あつし)

社会不適応・うつ病・ 離婚のどん底からリラックス人生に生き直せた、ADHD・高次脳機能障害者です。
発達障害者の就労移行支援事業所スタッフ。
家族・支援者の自助会ペガサスムーンを主催。
障害の有無に関わらず、すべての人々が各々の「特性」を活かしながら、自分らしい人生を歩んでいく。そのために大切なことをお伝えしていきます。【大阪】 [詳細]